スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEO VINTAGE

先日、先輩から譲り受けたXT250。約2年雨ざらしで放置されてたようでかなりハードな整備が必要かと思ってたんですが、やり始めてみると以外と.....。ガソリンタンク中は2年寝かせたガソリンが。タンク内は錆びとり&コーティングで完了。幸い錆はひどかったんですが、穴も開いて無くラッキーでした。
キャブレターの分解・清掃をして、エンジンオイルを抜いてみるとびっくり!!規定のオイル量が1.2Lほどの所、
3L近くカフェオレのようになった液体が。とりあえず全部抜いて、新しいオイルを入れてエンジンをかけてみると
見事に始動しました。エンジンかけながら色々見ていると、クラッチカバーからオイルが噴き出てます。3分ほどアイドリングさせてもう一度抜いてみると、またまたカフェオレが。
クラッチカバーのガスケットが破れて、そこから雨水が入ってしまったようで。
先輩から譲り受ける時に、「エンジンかけたらオイルが噴き出すねん。」と言われてたのを思い出しクラッチカバーを外して見ると綺麗に破れてました。
取りあえずクラッチを分解して清掃&チェック。ベアリング類も見える範囲は錆も無かったのでとりあえずOK。
ただXTに限らず国産旧車は部品が無い。僕のXTはギリギリセーフでガスケットはヤマハにまだありました。
他の物はどうなってるか解りませんが。
まだまだ整備箇所はありますが、とりあえず走れそう。あくまで自分用なので。

IMG_0785(変換後)

よくよく見てるとリアタイヤ17インチやん!!17インチタイヤの選択肢が少ないし、なんかバランス悪い。
アンバランスも嫌いじゃないけど。18インチ入るかな。
IMG_0786(変換後)

IMG_0787(変換後)
切ったり張ったりの作り物が無いとすごく楽。やってて楽しかった。(笑)
チョッパー作るのも楽しいんですが。
ちなみに、ビンテージモトクロス界?では、80年代のこういうバイクをネオビンテージと言うらしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。